PTA文庫新刊案内
PTA文庫新刊案内
「あの家に暮らす四人の女」三浦しをん/中央公論新社
 ざんねんな女たちの、現代版『細雪』
 でも、夢見たっていいじゃない。年取って死ぬまで、気の合う友だちと楽しく暮らしました。そんなおとぎ話があったっていいはずだ。



「将来の学力は10歳までの『読書量』で決まる!」松永暢史/すばる舎
 『本』こそ最高の知育教材です!本格的な勉強はもっと後からでいい!たっぷりの読み聞かせと読書習慣で地頭の土台がつくられます-読むだけで頭が良くなる厳選本145冊も紹介-



「大人なら知っておきたいモノの言い方サクッとノート」櫻井弘/永岡書店
 すぐに使えて印象がガラッと変わる!“大人の言葉遣い”がサクッと身につく!
 ☓協力して⇒〇お力添え、☓教えて⇒〇ご教示、☓読んで⇒〇ご一読 に変換!



「あさが来た 上」原案 古川智映子、脚本 大森美香/NHK出版
 今の世の中には、もうじき新しい朝が来ます。うちは‥‥新しい商いをしたいと思うております。
 京都の豪商の家に生まれ、おてんば娘に育ったヒロイン・あさ。しとやかで優しい姉のはつ。ふたりは生まれた時から結婚相手が決まっていた。それぞれ大阪で一、二を争う両替屋に嫁ぐものの、明治維新の荒波にのまれ、はつの嫁ぎ先は倒産。あさの嫁ぎ先もやがて蔵の中は空っぽに。しかし、あさは「気前のいいボンボン」の夫に代わって商いを学び、持ち前の前向きさで多くの人の助けを得ながら事業を成功させていく。



「新しい道徳」~「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか~北野武/幻冬舎
 2018年、道徳を教科化?だけど、その前に‥‥、
 日本人にとって、『道徳』とは何か?
 この問いに答えられる親や教師はいるのだろうか。まず最初に大人たちが、真面目に考えた方がいい。
 現代の核心をえぐる、未だ嘗てない道徳論!



「跳びはねる思考」~会話のできない自閉症の僕が考えていること~東田直樹/イースト・プレス
 会話ができないもどかしさ、意に沿わない行動をする身体を抱え、だからこそ、一語一語を大切に発してきた重度自閉症の作家・東田直樹。小学生の頃から絵本やエッセイなど、多くの作品を執筆してきた彼が「ひとりの22歳の人間」として書いた、鋭く、清冽な、驚異のエッセイ。


 
2015.11.03
〒714-0071
岡山県笠岡市東大戸410番地の2
TEL:(0865)62-2746
FAX:(0865)62-4096
携帯でサイトを見よう

QRコード

※モバイルサイトは、上記QRコードを読み取ってお進み下さい。